†妄想絵巻†
I write,therefore I am.
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
夢類 
2010/12/03 【Fri】 17:07
CATEGORY【Words】
また冷たい月を見ている
真っ暗な闇に仄かな明かり
暖かくはない光
分かっているのに期待している


何度繰り返されたんだろう
夢の旗を振り続けて
あんなに目を輝かせながらも
最後は淀んだ灰色


悲しいなんて言葉は
何一つも表せやしないんだ
空しさなんて本当は
どこにでもある風景で
強調するほど剥がれてく 偽者の痛みが爪を立てる


いい加減に歩き疲れたフリをするのはやめて
いい加減に泣き腫らした目をこするのはやめて
隙間風に気づいたなら
歩み寄って行けばいいだけ


雑音、雑踏、雑考の帳
落とした針の先に滴る毒
浄化できるまでうずくまったら
その針を飲み干してみせて欲しい


たかがそれだけの一秒なら
たかがそれだけの一瞬だから
吹き過ぎるものを追いかけて
その手には何もつかめないとして
刻んだ想いまで留まらないような
空っぽの胸はそこにはないから





―明日、逢いに行くよ

スポンサーサイト
Hello World 
2010/04/22 【Thu】 16:08
CATEGORY【Words】
片足のない人が走っている
汗まみれになって走っている

両足を持っている僕は
椅子に座ってそれを眺めている

ハロー、ハロー、世界さん
どこからか声がする


声を失った人が歌ってる
機械に文字を打って歌わせてる

話せるのに話さない僕は
独り言すら聞こえないまま

Hello,Hello,World
目が覚めたその場所はどこ?


境界線がそこに在るという
朝と夜とを隔てているという
君と僕とを分けているという
持つもの、持たざるものがあるという

見えるのか
見たいのか
見えないのか
見たくないのか

答えなんかないと
ただ風が吹き過ぎる


誰一人としていない夢の中

はろー、はろー、わーるど

スクリーンの中のプログラムたち

Hello,Hello,World

切り捨てられた可能性たち

ハロー、ハロー、世界さん


いつかまたどこかで

よりも

明日また逢おうね
音楽視聴事情(PAV-MP1) 
2009/12/24 【Thu】 18:28
CATEGORY【Essay】
ども。

ワタクシ、何気にCD媒体が大好きでして、音楽のない生活は考えられないっというわけで部屋では常に何かしらCDで聴いてるんやけども、大量のCDをとっかえひっかえ交換して聴くとかはもう面倒。

所持コンポは一昔前に流行ったDVDコンポで、mp3もDVDやらCDやらに焼けば聴けるという優れものではあるけれど、やはりCDそのままの音質じゃなきゃなーと思うところあり。

んだもんで、光デジタル経由で25連装のCDチェンジーを付けてランダム再生とかしてたんだけどどうも、このPionnerの25連装君、型式が古いせいもあるかもしれないが、CDがやたら汚れる気がして頂けない。

おまけに最近、不調でランダムでも順繰りでも自動でCD入替えてる時の挙動が変で、止まってたりで潮時。

そんなとき次の候補にあがったのはやはりPioneerの301枚チェンジャー。
しかし初期が1999年モデルとかなんとかでかなり古い。
今でも製造しててロングラン商品だけに品質はいいんだろうが何かひっかかる。

そこで次の候補。HDDコンポ。CDから直接PCMで取り込んで音質そのままに流しちゃうぜってものだが、既に動くコンポがあるのに またコンポを買うのも何か違う。
更に、HDD容量や機能などを考えると割高だのーと。

そこで次の候補。PC用にと買ったHDDだけは手元に余っている。最近は2Tまでの大容量になったせいでHDDをより大容量モデルに移行したため、昔の120Gだの250Gだのがそこら辺に転がってマス。
これを使えばいいじゃないかっ。

というわけで、マルチメディアプレイヤーなるものが登場。

- O P E N -
停滞 
2009/11/05 【Thu】 14:04
CATEGORY【Essay】
―その1秒が過ぎるのをただ待っているのか、進めたいのか。

日々怠惰に流されてる人は、ただ眺めているだけだろう。
自分も例外ではなく、あるがままに受け入れている。

でも、ふと疑問が頭を掠めるわけですよ。

これでいいのかと。

不景気ゆえに、今の仕事は別にもういいなぁとか思いつつも抜け出せず、
引っ越して環境変えたいが、新たな出費や手続きとか考えると動けず、
あれやこれやしたいことはあれど、慣れ親しんだ怠惰な習慣を捨て切れず
雁字搦めの小心者は、結局背中丸めて縮こまるわけです。


何かを期待して、今日もまた曇天の空を眺める。
何も変わりはしないのにねぇ…

溜息に 煙る秋空 是非もなし


また、無色な一秒が過ぎていくわけです。

I_B - Morning 
2009/11/02 【Mon】 16:22
CATEGORY【Foile】
たゆたう身体。
浮き沈みのない空間を浮遊する。
風凪の静寂に耳が痛い。

何かを求めて伸ばす腕。
大きく開いた手の平。
乾いた肌。
透けてゆく感覚。


―何もつかめやしないのに

- O P E N -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。